子どもの頃の激しい“情報への飢餓感”が、メディアで働く原動力に!

 

★感想&コメント★

 
自分のやりたいことが見えてきて、それをできるようにキャリアを築くってこういうことなんだと、読んでいて思いました。
 
私は今年の4月からいわいる大企業で働き始める予定です。これから働き始めて、自分のやりたいことが具体的に見えてきたり、これは自分に向いてないと思ったりしたときに、「このままでいいのだろうか?」なんて思うことがあると思います。そんなときに田端さんの会社で働くことへの考え方は、非常に参考になるんだろうと思いました。
 
「会社それ自体は抽象的な概念であって、なんの物理的な実体もありません。プロジェクトの集合体であり、人間同士が協力して、円滑に仕事をなしとげていくための「ハコ」に過ぎないのです。」
 
「会社員にとってのリスクなんて、最大でも首になることくらいなんですから」
 
など、読んでいて納得しました。一方で、今は会社で働いていないから素直に納得できますが、いざ働き始めてからだとこの意識は変わってしまう可能性もあるなと心配にもなります。自分らしく働けるようになるために、今のように納得できる自分であり続けたいと思いました。
 
(20代 男性 学生)

 
皆様からの感想をお待ちしています。感想の送付方法はこちらをご覧ください。