“お笑い”の世界で自分の壁を破りたい

 

感想&コメント

 
最近頻繁にお名前を見かけるかたで、どのような道を歩まれてきたのか大変興味がありました。長くマッキンゼーにつとめられていたのかと思っていましたが、大変厳しい状態を経て今お笑い芸人をめざしていらっしゃるとのことで驚きました。
 
「すごい」と簡単に称してしまいますが、それは高校の時もそうですし、もちろん大学、そしてマッキンゼーに入ってからもいかに努力をしていらっしゃるのかが伝わってきました。石井さんはもしかしたら、努力したという風には感じておられないかもしれませんが。
 
そして何よりも「楽しい」という純粋な気持ちを楽しんでおられる姿に大変共感しました。
 
社会一般的な安定職につく、などといったバイアスは存在します。そういう殻を破っている大人というのは男性のほうが多いような気がします。同じ女性として素敵なロールモデルを見つけられました!
素敵な記事をありがとうございます!
 
(20代 女性 大学生)
 

 
とにかく衝撃でした。私の理想は、この世を去る時に「自分の人生、めっちゃおもろかったなぁ。最高でした」と思うこと。
 
安定、社会評価、年収など、様々なことから自由に動くことに臆病になっていましたが、石井さんのインタビューをみて、如何に自分がつまらないレベルのものにしがみついていたか気がつきました。
 
今の時点で、このインタビューを読めて良かったです。
 
(20代 男性 会社員)
 

 
私自身ほんの少し似ているところがある気がして、1文1文に引き込まれました。マッキンゼーからお笑い芸人へというのは史上最高にユニークで、ご自身の決断力という意味で、素晴らしいキャリアだなと感じました。
 
「人と違うことをすることを怖れていては、自分の人生が手に入りません」という言葉、そして今でも弱気になることを認めつつ(自分の弱さを受け入れつつ)、本当にやりたかったことに挑戦出来て心から良かったと仰っているところ、とても人間らしくて惹かれます。
 
ありのままの自分を受け入れるところから、本当の自分の人生というものがスタートするのかな、と感じます。既に確保されたレールの上を歩くことに、表面上、批判的な人も多く、自分らしく生きろと説く人は少なくないですが、実際に当事者として自分らしく生きて、なおかつその自分を発信出来る人はほんの僅かだと実感しています。
 

こういう方のインタビューは非常に多くの人に勇気を与えてくれるものと思います。私もパワーを頂いたように思います。有り難うございました。
 
(20代 女性 社会人)
 

 
本文でも強調されていましたが、「先の見えてしまう人生は好きじゃないんです。」は、私自身、非常に強く思っている価値観でしたので大変興味深く拝見しました。
 
(20代 男性 会社員)
 

 
石井てる美さんのインタビューを読んで、衝撃を覚えました。「いくら社会の評価が高くても、自分に不要なものを捨てるのは、もったいないことでもなんでもない」と言い切れるところがすごいです。
 
自分に不要なものがなんなのかを見極めるのに、多分多くの人がより道をしてしまうのでしょうが、マッキンゼーにいた短い期間で悟りそれを実行に移せるのがすごいです。
 
「『私は何をやっても食べていける』という自信、自分が過去にやってきたことへの自信、それが、将来に向けてリスクをとれる原動力になる、という感じでしょうか」という点も、その年齢で悟れるのがすごいです。衝撃です。
 
こういう気づきを与えてくれるインタビューを読めて、非常に勉強になり、また刺激になりました。どうもありがとうございます!!
 
(女性、30代、会社経営)

 
あまりテレビを見ないので、石井てる美さんが出演されている番組を見たことはありませんでしたが、東大 → マッキンゼー → ピン芸人というキャリアの女芸人さんがいることは、ネットのニュースで知っていて、ちょっと興味がありました。
 
石井さんがマッキンゼーを辞めようと思った時の
「いくら社会の評価が高くても、自分に不要なものを捨てるのは、もったいないことでもなんでもない」
という気づき、これこそが自分で自分の人生を送る秘訣なのかもしれませんね。
 
「正しいかどうか」、「こうあるべきかどうか」、「みんなにすごいと言って貰えるかどうか」ではなく、「自分が好きかどうか」、「おもしろいかどうか」という価値観を大事にすること。
ずし~んときました。
 
私を含めた私の周りの多くの人は、「自分が好きかどうか」「おもしろいかどうか」っていう基準で仕事をしていません。家族のため、ローンのためとか言って、苦虫をかみつぶした顔で仕事してます。20代でそれに気づいて、履歴書に傷がつくことをいとわず、新しい道を踏み出した石井さんは、本当にすごいと思います。
 
(女性 45才 公務員)
 

 

皆様からの感想をお待ちしています。具体的な方法はこちらをご覧ください。