2015/07/11

小さな心がけの積み重ねで大きな結果の違いへ

マッキンゼーの大先輩である石倉洋子さんより、新刊を頂きました。
 

 

石倉さんと言えば、大学で経営学を教える傍ら、様々な国際会議で積極的に発信を続けられている日本女性の代表格で、
 
特に英語で、世界中から集まった参加者を巻き込みながら議論を重ねていくスタイルのレクチャーが大人気です。
 
 

また、何度かお食事を共にさせていただきましたが、そのパワフルさにはいつも驚愕しています。
 
大前研一さんや出口治明さんについても思うのですが、世の中には年齢に拘わらず、まったく思考も行動も年を取らない人というのが存在して、石倉さんもまさにそのひとりです。
 
 
今回の本は、若い人に向けて、完璧を目指さない、時には鈍感になろう、自分の意見を口にしよう、気楽に考えることや、でも、ダメだと思えばさっさと諦めようなど、
 
石倉さんがこれまでに学ばれた心がけが平易な言葉でまとめられています。
 
どれも読んでいて「ほんとにその通り」と思うことばかりです。
 

なにより、どんなに“大御所”になっても、(←ご本人は好まれないと思いますが、周りからはそう扱われることが多くなっても、という意味で)、そして年齢を重ねても、新しいことに興味を持ち続け、積極的にチャレンジされる姿は私もぜひ見習いものです。
 
 
またこの本を読んで、「この人はスゴイ」と思える人の多くは、自分のやるべきことに“ルール”、”ポリシー”を持っていると感じました。
 
これにより、なにが起こっても自分の基準で判断できるので、周りに振り回されたり、日和ってしまうことがありません。
 
今回の本は、そんな石倉さんのポリシーを集めた本とも言えるのでしょう。若い方にはぜひお勧めしたいです。
 
 
(このほかにも、最近いくつか御本を頂きましたので、順次紹介していきたいと思います)